みのまり

記事一覧(89)

ロンドンなう

インダクションウィーク(日本でいうオリエンテーション期間)が終わり、本格的にレッスンと授業が始まりました。久しぶりのキャサリンのレッスンはバッハの無伴奏ソナタ3番でした。もう。。レコーディングする前にレッスン受けたかったー。英国王立音楽大学のヒストリカルクラス(古楽科)のマスター(大学院)クラスは主任がリコーダーということもあってか、管楽器が多い。バロックヴァイオリンは私を含め2人。授業の方はレトリック(修辞学)、デミニュッシュ、バロックダンスなどがあり、どれも必修ではないですが音楽を演奏する上で興味深い講座が行われています。しかしどの授業もディスカッションが主、貴方はどう思う感じるか、自分の意見をはっきり言葉にすることが求められます。(それはレッスンでも同じ)自分はというと…古楽科の学生にアジア人1人なので英語…。大変です。。しかも古楽科だからか皆こだわった意見を持っている。私はまだまだ英語出来ないので傍観者ですが、みな個々の意見を持っていて面白い。あんまり馬鹿な人は居ないのかも。さてバロックバイオリンのレッスンの方向性はバッハのレッスンは続けるとしてイタリアンから始まって、フレンチのボウイング(右手)、スタイル、アーリバイオリン(バロックよりも前の楽器&今より短いバイオリンの弓)も使って17世紀を少し勉強して、それでもっと昔のことに興味があるようであればより深くアーリーミュージックを勉強するかそれに興味がなければクラシカルを勉強しましょう。という方向性になりました。キャサリンが兎に角サイコー。日々の生活は松尾さんの協力のもと楽しくやっておりまっす。雨が多くなってきたロンドンこれから寒い季節が始まる。。また!

バッハ 無伴奏ソナタ&パルティータ CD収録

フェニックスホール エヴォリューションシリーズ 音坊主

フェニックスホール エヴォリューションシリーズ音坊主 フェニックスホール エヴォリューションに出演します!メシアン「世の終わりのための四重奏曲」をメイン・プログラムに「メシアンへと続く道」と題し、メシアンが韻律法に大きな影響を受けたというフランス・ルネサンス時代の作曲家ジュヌの声楽アンサンブル曲や、ドビュッシーのピアノ曲「帆」をカルテット版の新編曲で、更にメシアンが生涯愛してやまなかった鳥の囀りが可愛らしいクープランの作品や、メシアンに先んじるリズムの革新者ストラヴィンスキー「兵士の物語」からの一曲と共にお届けします。  なかなか聴くことの出来ない音坊主ならではの興味深いプログラムとなりました。 お聴きのがしなく!出演 蓑田真理(ヴァイオリン)中 実穂(チェロ)西川智也(クラリネット)松尾久美(ピアノ)曲目 マショー(夏田昌和 編):ダヴィデのホケトゥスクロード・ル・ジュス(夏田昌和 編):シャンソン集「春」より“また春が来た”F・クープラン:クラヴサン曲集第3集 第14組曲より「恋の夜鳴きうぐいす」ストラヴィンスキー:「兵士の物語」より“小さなコンサート”(trio版)ドビュッシー(夏田昌和 編):前奏曲集 第1集より「帆」メシアン:世の終わりのための四重奏曲    (予定)座席 自由席料金発売中一般前売 ¥3,000 →友の会価格 ¥2,700一般当日 ¥3,500 →友の会価格 ¥3,150学生前売 ¥2,000学生当日 ¥2,500※友の会割引はお一人様2枚まで※学生券は大学生以下対象 

バッハ 無伴奏バイオリン全曲演奏会 終了

どうにかこうにか、バッハ無伴奏バイオリン全曲演奏会終えることが出来ました。無謀な企画だったかもしれませんが、自分の人生の中で1度はしてみたいことの1つを素敵なお客様とと共に開催出来たことは感謝です。実際に全曲演奏してみて、1番→3番→2番という順でしたが、何度も何度もくじけそうになりました。全部リピートなんてするんじゃなかったぁとか。(そんな事を考える時点でアレなんですが。。)もう指も腕も痛いし。休憩中にはもう帰りたいとさえ思いました。でも何とか自分の中にある信念とお客様に支えられて何とか最後のシャコンヌまで弾き終えることが出来ました。終わってみて最初に思った感想は「こんな事演るもんじゃないな」でした。もう集中力から体力から何もかも今まで経験したことのない様な感覚でした。でも全曲弾いてみて新たに発見することも沢山ありました。何でも実際にやってみないと分からないモノですね。バロックバイオリンが以前より身近になったかな。というよりバロックバイオリンの魅力に気付いたというべきか。ご来場頂いたお客様と、支えてくれた大切な友人、家族に感謝です。もーしまた全曲演奏会開催するとしたら、曲順は1→2番→3番かな。何故なら最後にシャコンヌを弾く余力が残ってなかった。。